ホットヨガを体験しよう!おすすめランキング

ホーム > ホットヨガについて > ホットヨガと通常のヨガの違いを知ろう

ホットヨガと通常のヨガの違いを知ろう

一般的なヨガとホットヨガの違いは、温度と湿度にあるといえるでしょう。
一般的な場合には特に場所を限定することはありませんが、ホットヨガの場合、湿度が55から65パーセント、気温が40度前後のところでやることになっています。
とにかく汗をかくことを念頭に置いた運動方法とされており、1時間に1リットル水を飲む事が必須条件とされているのも違うところです。
湿度が高く、蒸し暑い状況で運動を行う為に、代謝率を高め、汗により老廃物の排出や血液の流れの正常化を目指して実行する事がポイントといわれています。
デトックスを目的として運動をしたい人にとっては、通常の物よりもホットヨガのほうが体調を整える面でも効果的です。
特に代謝率の低い人にとっては、代謝率を上げるチャンスにつながります。


通常のヨガの場合には筋力を高める効果が期待されています。
具体的なポイントとして挙げられているのは、常温で腹式呼吸によるリラクゼーション作用により、集中力、精神の安定性を高める事が可能です。
リラックスして色々なポーズをとることができるようになることや、腹式呼吸を行いながら無理せずポーズを取れるため、徐々に遅筋を高めることにつながります。
一般的な運動を実践していても決してえられぬ筋肉が少なくないため、活用することで運動能力を高め、脂肪燃焼作用や筋力アップにつなげることができるでしょう。
特に大切なのは腹式呼吸によって、自律神経にも影響を及ぼす点です。
運動だけではなく精神の安定性を高め、心身のバランスが崩れたことによる過食やいらいら、うつ状態の改善にもつながります。


自分の体調や、精神状態からやってみたいヨガを選ぶ事が肝心です。
必ずしも正解はひとつではありませんので、気になる場合は両方体験スクールに参加し、実際に試すことです。
身体を動かし、汗をかくことを好む人や、冷え性で代謝率が落ちている場合にはホットヨガを学んだほうがいいでしょう。
対して精神的なホルモンバランスが崩れている為、運動能力よりも精神的なバランスを整える形で筋力や代謝率に緩やかな影響を与える場合には、通常のヨガがいいでしょう。
無理をしないで運動を継続しやすいのも特徴で、汗をかく事があまり好きではない人にも向いていまう。
呼吸を深く行い、運動しているというよりも、むしろ健康面で大きく役立つ心身のバランスを整える事が目的といわれている為、タイプや実際にやった手ごたえから選んでください。